FXで稼げる鉄板フラッグ・反転サインの見極め方

FXで鉄板とは

 

間違いなくここしかない
必ず攻めるべきポジション

 

想定通りの動きをするであろう
美しくチャートを描いてくれるであろう

 

兆候を察知して判断し
問答無用でエントリーすることである。

 

覚悟はあるのかないのか
そんなものは必要ない

 

自分が判断した鉄板チャートは
必ずエントリーするのが掟だ。

 

自分のやってきたこと
頑張ってきたことを信じる

 

それだけだ…

 

そして、鉄板と判断できる兆候を

 

鉄板フラッグと呼ぶ!

 

相場は不確実性であるが
動かしているのは人間の心理であり

 

欲望まる出しで邪念の塊になる…

 

とてもじゃないが
調教して手懐けることはできない

 

邪念の塊から
自分の間合いに入った時だけ

 

勝負して少し恩恵を受ける
この繰り返しだ…

 

だから相場が絶対で
その支配された環境で

 

チャンスを見抜いて勝負する!
ゲームと考えてもいい…

 

ただ、行先は人間であり
ライバルのトレーダーが

 

存在することを忘れずに
リスペクトして挑む心構えが必要になる

 

心に邪念が少しでもあると
見抜くことはできない

 

それほどシビアな世界であるが故に
用心しなければならない…

 

この領域まで気持ちを
落ち着かせてることができれば

 

何が起きても冷静に対処できるはずだ!

 

単純にお金が稼げるだけで
鉄板フラッグと向き合っても

 

混乱を招くのは言うまでもない…

 

だからこそ

 

王道になる鉄板フラッグを見極めて
確実に自分の身体に取り込んでほしい

 

そうすることで無駄損が減り
例え負けたとしても

 

価値のある損失になり
未来に繋がる大事なパスになる。

 

このパスをしっかり繋ぐことができれば
自ずと結果はついてくると断言する。

 

フラッグとは
トレンドが出る前の調整局面

 

絶対に見逃すわけにはいかない
最大のチャンスだ!!

 

順に解説すると

 

ダブルトップ編

 

詳しい解説はこちら

 

一番出現れる反転フラッグである!

 

ダブルトップを完成し
水平線を下にブレイク

 

この逆パターンはダブルボトムになる。

 

何を意味するのか

 

頭打ち(トップ)
底打ち(ボトム)

 

と判断できこれ以上は同じ方向に
トレンドが出ない

 

一旦大きく調整が入ると見極める。

 

トリプルトップ編

 

詳しい解説はこちら

 

概念はダブルトップ・ボトムと全く同じで
出現率はダブルに比べると少ない

 

だけに信憑性もはダブルより高い

 

ウェッジ

 

詳しい解説はこちら

 

よく出現する王道フラッグ!

 

相場の動きが徐々に小さくなり
煮詰まってくるケース

 

値幅がどんどん狭まるだけに
嵐の前の静けさと判断し

 

忍耐強く相場が動くのを待つ
間違っても自分から攻撃してはダメだ

 

返り討ちにされて
大切な資産を失うだけである!

 

冷静に見極めて
いつ起きても勝負できる準備をして

 

心落ち着かせ
時がくるのを待ってほしい…

 

待つしかない…

逆張りについて

 

トレーダーとして
一度は挑む道になる

 

反転を察知して
根こそぎ全部もっていきたい

 

そんなロマンがあった
必ずできると脳に言い聞かせて

 

何度も挑んだが…
退場だった…

 

確かにハマると
根こそぎになるから

 

ガッツリと取れるわけだが
全く安定しなかった…

 

損切りの嵐で
結局は負ける回数が多くなり

 

預けた証拠金は蒸発…

 

結局は相場の格言であるように

 

「頭と尻尾はくれてやれ」

 

確実に反転シグナルを見極めろ
安易な判断は火傷ではすまない

 

人生で考えるば腑に落ちる

 

欲しいものは全てを手にしたい!!

 

それは非現実的な世界であり
絶対に不可能である。

 

だから捨てる勇気が大切になる!

 

これは相場でも全く同じことだ

 

逆張りは最も危険なスタイル!!

 

やるかやらないかは自分次第

 

リスクは大きいが
得られるのは大きい

 

ただ、シグナルの判断材料が少なく
見極めが甘くなりギャンブルに近い

 

もし勝負するなら
重要ラインのポジションですることだ。

 

僕からはこれしか言えない…

 

挑戦するなら

 

全くリスクのないデモトレードで
取引をしてから判断して頂きたい

 

逆張りは

 

重要ラインギリギリまで惹きつけて
勝負する中途半端なことはしない

 

もう一つは、重要ラインで
ヒゲを確認してから反発した判断し勝負

 

基本はこのどちらかだ。

 

相場観を養うと
ある程度判断できてくるが

 

それでも全くはオススメしない!

 

反転のタイミングは
だれも知ることはできない

 

神のみぞ知る世界であると
諦めて捨てるのが賢明である。

 

やはり、勝負するなら

 

底打ち、頭打ちを確認できる
反転シグナルが発生してからだ!

 

下記のサンプルチャートは

 

 

下落トレンドでチャンネルの中で調整中

 

短期で反転して
トレンドがでるのかを見極める局面

 

ここで安易なイメージで
買いのスイングはできない

 

エントリーするのであれば

 

一発目の水平線ブレイク
21日線をブレイク

 

このどちらかを確認してからになる。

 

そして、トレンドは下で
優位性は下である

 

つまり、中途半端な位置になり
勝負をするとしてもデイトレに絞る

 

動画をご覧ください。

 

 

逆張りは非常に危険なスタイルと言える。

順張りでよくある攻防戦…

 

ブレイクシグナル
トレンドが出ると想定していたのに

 

思うように描いてくれないのが相場である!

 

正直ストレスが溜まるが
それも相場と受け入れる

 

これしかない…

 

その現象がブレイク後の
攻防戦となる

 

ブレイクアウトをするも
ブレイクラインで売買の攻防戦

 

恋愛と同じで
別れたのにダラダラと付き合って

 

結局は別れる…

 

これに近い

 

見ていられないなら
手仕舞うしか方法はない

 

後は振られていくのを
見届ける勇気があるかないか

 

これも相場の醍醐味である!

 

以下のサンプルチャートが
まさにどっちつかず

 

 

サポートラインを挟ん
で揉み合っている状態

 

結果が出るまでに
時間を要すのでストレスは溜まるが

 

ブレイクの原理原則であると
理解しておけば特に問題はない

 

冷静に判断でき
質のいいトレードになる。

 

動画を覧ください。

 

 

トレンドの出るフラッグは
紹介した以外にも存在し

 

丁寧に見極めができてくると
勝負できるチャンスが増えていく

 

だからこそ、基本となるブラックは
押さえておく必要がある。

 

実践でしか得られないスキル
自分を強く信じて

 

共にベストを尽くして
頑張って参りましょう!

 

もっと上手く、もっと強くなれる…

 

コメントを残す

より上を目指し強くなりたい読者さんへ

 

自分の理想を求めてトレーダーとしてFX、仮想通貨の波を乗りこなし継続して結果を残すにはトレード以外の概念も必要になる、ステージを上げ土台をより強固にし、より強くなる為の深く掘り下げたレポートやブログでは伝えることのできない仮想通貨などの情報をメルマガでお届け致します。

 

詳しい内容はこちら