勝利へ導くシナリオ構成を動画解説

 

ドレードをする上で視野を広くするには

 

高い視点から全体を捉え流れを見極め
距離を調整し相対的に見ていく必要がある…

 

葉を見ては木は見えない

 

 

木を見ては森は見えない

 

 

 

 

森を見ることで見えないものが鮮明になり

 

 

全体像がわかる…

 

東京の星空は月しか見えない

 

 

鹿児島に里帰りすると夜空は無数の星…

 

 

見る場所を変えると
見えるものが違ってくる…

 

トレードで全体像を捉えて優位性を
見極めるには大きい時間軸の力はどちらなのか

 

「長いものには巻かれろ」

 

つまり長い時間軸のトレンドが
大きな流れになる…

 

目の前のロウソク足、チャートだけで
エントリーポジションは導けない…

 

視野が狭いがゆえに
バイアスも強くなり罠にかかりやすい…

 

広い視野と狭い視野

 

 

上空から獲物を見つけて

 

 

一気に下降して獲物を捉えに行く
相場の波を捉えるには

 

この感覚が大切と言える…

 

 

 

 

相場のスキを見抜きシグナルを見つけて
捉えに行く…

 

では、ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル
それぞれ10本ずつ計30本の動画で解説

 

少し時間は要しますが
トレードの流れを叩き込むことで

 

狭い視野に滅ぼされることがなくなる…

 

狭くなったときに…
もっと視野を広くと気づく…

 

 

 

視野の柔軟性を鍛えて

 

木坂健宣の言葉
「軽やかに移動する力できる力」

 

意識して取り組むと
スキルの上達がよりはやくなる

 

時代を生き抜くにも
トレーダーとしても必要不可欠である…

 

もっと上手く、もっと強くなるために…

 

コメントを残す

より上を目指し強くなりたい読者さんへ

 

自分の理想を求めてトレーダーとしてFX、仮想通貨の波を乗りこなし継続して結果を残すにはトレード以外の概念も必要になる、ステージを上げ土台をより強固にし、より強くなる為の深く掘り下げたレポートやブログでは伝えることのできない仮想通貨などの情報をメルマガでお届け致します。

 

詳しい内容はこちら