FXで無駄のない究極のリスク管理

大切な資産が
全て崩れていく前に…

 

FXで生き残る上で

 

リスク管理が最も
大切であり極めて重要である。

 

決済スキルよりも
まず最初に会得しなければならい

 

ここを曖昧にしていると
大損は120%確定!!

 

だからこそ

 

究極のリスク管理をする上で
必要になるのは

 

一貫性を保つことである

 

「そうか、よしわかった
徹底的に管理すればいいんだな!」

 

と、思っていてもリスク管理の
きちんとした公式をしらないと

 

どこかのタイミングで資産は…

 

 

だかからこそ

 

きちんとした公式を
身につける必要がある.

 

FXの世界で生き残れる
究極のリスク管理法は

 

損切り×レバレッジ×リスク

 

この3つを掛け合わせることで
一貫性を保つリスク管理ができる.

 

つまり、どれか1つでも疎かになると

 

資産はになる!

 

例えば

 

まだ上手く損切りができない
そうなると

 

×レバレッジ×リスク

 

 

つまり、資産はになる

 

どれか1つ欠けてもダメだ。

 

・損切り×レバレッジ×リスク

 

これは3つで1セット

 

これが

 

一貫性のリスク管理法になる。

 

どれか1つでも制御できなくなると
すべてが狂いだし資産は

 

 

・損切り×レバレッジ×リスク

 

徹底して会得して頂きたい。

 

更に深掘りしていくと

 

トレードは

 

100%の確率で勝ち続けるのは
完全無欠の神でない限り

 

絶対に不可能である!

 

つまり、損切りになるのは当たり前

 

だからこそ、受け入れる姿勢が
最も大切になってくる…

 

それでも

 

勝つつもりで勝負したのに
損した状態で決済

 

そんなのできない嫌だ!!

 

自分の考えは間違っていない
待てば必ず戻ってくるはずだ!

 

誰でも最初は
そう思うのが当たり前である。

 

だからこそ
きちんと受け止めて認めることで

 

新しい概念で上書きができる…

 

だから、FXの世界で結果を出して
自分の理想を現実にしたいのなら

 

自分の勝手な思いは捨てる!

 

損切りは当たり前の世界であって
存在しないのが逆におかしい

 

現実を受け入れず
理想ばかりを求め過ぎると

 

足元がフワフワして
結局は大きく崩れていく…

 

あなたには
僕みたいになってほしくない

 

だから、損切りを受け入れる器を
自分の中心に準備して

 

徹底したトレードをして頂きたい!

 

一貫性を保つ
損切り×レバレッジ×リスク
 

の、計算方法と関係性について

 

1トレードのリスクは
証拠金に対して約2%

 

これ以上大きくなると
リラックスできないならまだしも

 

資産がみるみるうちに減っていき蒸発
これは避けられない

 

しかし、これは僕の基準であって
絶対的な決まりは存在しない…

 

1%、3%、5%でも全く問題はない
判断はあなたに委ねる!

 

ただし…

 

理想を先行すると受け入れるのが難しいので
現実を見てパーセンテージを決めて頂きたい。

 

迷うのであれば

 

以下のバルサラの破産確率を参考にして
1ポジション1%から取引をスタートする。

 

 

この表はバルサラの破産確率表で
リスクを1%として考えた破産率

 

究極のリスク管理を前提にして
単純に計算すると

 

損失率が1のケース
(勝ち50pips、負け50pips)
勝率70%以上

 

その時が破産率が0.1%

 

絶対的ではないが感覚的にも
現実的な数字だと僕は思っている…

 

勝率が60%で破産率7.4%
勝率が50%破産率50%

 

確率が下がると破産率が100%になる
未来予想は表を見る限り理解でき

 

今までの経験を踏まえると
現実味のある数字と言える。

 

だから、どんな理由でも優先して
リスク管理は徹底的する必要がある!

 

僕から断言して言えるのは

 

散々失敗し損失を出した結果
1ポジションのトレードリスクは2%以下

 

複数持つことを考えるとこれが限界である…

 

レバレッジの重要概念

 

レバレッジとは

 

少ない力で大きな力を得ること

 

つまり、FXの最大の魅力であり
軍資金の少ない我々には最適である。

 

だからと言って

 

高レバレッジにすれば良いわけではない

 

そして、取引をする時に
絶対に間違ってはならなにことがある。

 

それは…

 

レバレッジを先に決めてはいけない!

 

僕も最初は、そうでしたが

 

初心者はレバレッジを
先に決めて取引をする傾向にある。

 

それだと
資産を確実に増やすことはできない

 

何故なら、一貫性のリスク管理ではないからだ。

 

損失額がバラけてしまって
にっちもさっちもいかず

 

勝率は悪くないのに、何故か
手元に全く残っていない現象が起きる。

 

小さいレバレッジにしても結果は同じ!

 

何が間違っているのか…

 

正しいレバレッジの概念は

 

導き出したエントリーポジションから
損切りラインまでの値幅で導くものである!

 

つまり

 

証拠金が100万として

 

開きが50pipsだったら

 

リスクは最大でも2%

 

1000000×0.02=20000円

 

20000円の損失までなら許容できる。

 

そうなると

 

50pipsで20000円になるように
ポジションを持つ

 

100pips=1円なので

 

50÷100=0.5

 

つまり

 

20000÷0.50=40000通貨

 

以上から

 

40000通貨のポジションを持てるので

 

40000×100÷1000000=4

 

損失20000円で
レバレッジは4倍となる!

 

では、もう一つ

 

エントリーから損切りまでの
値幅が30pipsの場合

 

証拠金100万
リスク2%

 

30pipsで20000円の損失になるようにする。

 

100pips=1円なので

 

30÷100=0.3

 

20000×0.3=60000通貨

 

つまり

 

60000通貨のポジション

 

60000×100÷1000000=6

 

損失20000円で
レバレッジ6倍となる!

 

いかがでしょうか?

 

これが

 

一貫性を保ったリスク管理法になる

 

どちらのトレードも損切りした場合
損失額は20000で同じ

 

リスク%とエントリーと損切りの値幅で
レバレッジは決まる。

 

レバレッジを先に決めて
トレードしては損失がバラける。

 

だから、資産が全く増えない現象が起きる。

 

必ず

 

一貫性を保ったリスク管理が必要と言える。

 

以下の公式で
1トレードの取引量を算出できる。

 

A:証拠金
B:トレードリスク
C:損切りの幅

 

ドル円・クロス円

 

証拠金×トレードリスク÷損切りの幅=取引通貨

 

A×B÷C=取引通貨

 

 

 

ユーロドル、ポンドドルなど

 

ドル換算してからの円換算なので
取引は少し複雑になる。

 

A:証拠金
B:トレードリスク
C:損切りの幅
D:ドル円

 

証拠金×トレードリスク÷損切りの幅÷その時のドル円×100=取引通貨

 

A×B÷C÷D×100=取引通貨

 

納得できましたでしょうか?

 

ここを曖昧にしていると
リスク管理も曖昧になり

 

結局は資産が確実に増えない
ってことに繋がってきますので

 

しっかりと腑に落とすのが大切である!

 

もう少し解説すると

 

ドル円・クロス円

 

1円=100pips

 

ユーロドル・ポンドドルなど

 

0.01ドル=100pips

 

このイコール関係を理解すれば
後は算数なので全く問題ない

 

ポイントはこの関係だけである。

 

では

 

ドル円・クロス円の場合

 

1000通貨で1円上がれば1000円の利益

 

これはドル円が90円でも93円でも
1通貨で1円上がれば1円の利益

 

1円=100pips

 

では、ユーロドル

 

1000通貨で100pips上がれば
単純に1000円の利益と言いたいが違ってくる

 

1000通貨で100pips上昇=1000通貨

 

ドル円が100円であれば1000円になる。
しかし、ドル円は80円だから

 

1000×80÷100=800円

 

となる

 

そして、もし、ドル円が200円であれば

 

同じ100pipsでも

 

1000×200÷100=2000円

 

ユーロドルで100pipsゲットした方が
2倍の利益になることがわかる。

 

つまり、証拠金率も比例して変動する。

 

だから

 

ユーロドルなどの場合

 

公式が少し面倒になる

 

理解して頂けましたでしょうか?

 

ドル円で取引の例

 

A:証拠金=100000
B:トレードリスク=2%
C:損切りの幅=50pips

 

1トレードの損失額は2%なので2000円

 

公式:A×B÷C=取引通貨

 

100000×2÷50=4000

 

4000通貨での取引

 

4000×100÷100000=4

 

レバレッジは4倍

 

損失額はと言うと

 

4000通貨×0.5(50pips)=2000円の損失額

 

となりトレードリスクと照合すると

 

100000に対して
1トレードの損失額は2%なので2000円

 

同じになる

 

ユーロドルで取引の例

 

A:証拠金=100000
B:トレードリスク=2%
C:損切りの幅=50pips
D:ドル円=80円

 

公式:A×B÷C÷D×100=取引通貨

 

1トレードの損失額は2%なので2000円

 

100000×2÷50÷80×100=5000

 

5000通貨での取引

 

5000×80÷100000=4

 

レバレッジは4倍

 

損失額はと言うと

 

5000通貨×0.5(50pips)×0.8(80円)=2000円の損失額

 

となりトレードリスクと照合すると

 

100000に対して
1トレードの損失額は2%なので2000円

 

同じになる

 

レートの変動により
同じpipsでもレバレッジは代わりますが

 

損失額は同じとなる…

 

まとめると

 

エントリーポジションから
損切りラインが近ければ

 

自然とレバレッジは必然的に高くなる

 

エントリーポジションから
損切りラインが遠ければ

 

自然とレバレッジは必然的に低くなる

 

つまり

 

レバレッジは損切りラインから算出

 

そうすることで、
常に損失額を固定できる

 

一貫性を保つリスク管理法

 

このことを

 

ポジションサイジングと呼ぶ!

 

だから

 

1トレードに必要なレバレッジは
エントリーと損切りポジションの

 

値幅であるpipsで決まる!

 

決して

 

取り引き前に負けてるから
今日のレバレッジ3倍かな…

 

控えめに勝負しよう
これは間違った概念だ!

 

しかし

 

損失額を固定し

 

レバレッジ3倍で取引できる
ポジションだけで勝負する!

 

この概念は正しい

 

これはトレードスタイルの1つと言える…

 

必ず1トレードの損失額は
一定に保つリスク管理が必要になる。

 

損切りのラインを導く方法

 

損切りの基本となりますが
これ以上もこれ以下もありません。

 

エントリーポジションが導けたら
それと同時に必ず損切のラインも導く

 

これはセットである!

 

損切りのラインは一番機能するライン
つまり、節目が損切りライン

 

節目とは流れが変わるラインであり

 

ローソクでヒゲを出したり
何度も反発されているライン

 

そのラインから5~40pipsぐらい下に設定

 

時間足でも変わるので
その時の相場に合わせる

 

このさじ加減に決まりはなく

 

僕は、基本的に
切りのいいラインに設定している。

 

例えば

 

スイングであれば

 

100円で買って
90.35がラインなら90.00に設定するイメージ

 

 

 

赤のラインが損切りライン

 

節目、節目を
必ず意識して水平線を引くイメージ

 

後は、実際に今の相場で
節目はどこなのか

 

世界のトレーダーが注目している
ラインはどこなのか…

 

そのラインが損切りするべきラインになる…

 

損切り
レバレッジ
リスク

 

3つセットで1つとして考え
稼ぎ続けるための生命線であり

 

必ず、実践しながら
呼吸レベルにする必要がある!

 

そして、一度決めた損切りラインを
損切りになる瞬間に深くしてはダメだ

 

必ず一度自分で決めたことは
受け入れることが次の損切りに繋がる。

 

逃げてたら、また逃げての繰り返し
覚悟を決めて受け入れる!

 

それが、前進する唯一の方法である。

 

ポジションサイジングの理解を
より深めるために…

 

最後に動画をご覧ください。

 

 

後はとことん実践あるのみ

 

共にベストを尽くして
頑張って参りましょう!

 

もっと上手く、もっと強くなれる…

 

コメントを残す

より上を目指し強くなりたい読者さんへ

 

自分の理想を求めてトレーダーとしてFX、仮想通貨の波を乗りこなし継続して結果を残すにはトレード以外の概念も必要になる、ステージを上げ土台をより強固にし、より強くなる為の深く掘り下げたレポートやブログでは伝えることのできない仮想通貨などの情報をメルマガでお届け致します。

 

詳しい内容はこちら