FXで究極の利食い・騙しを回避する見極め方

FXでリスク管理が呼吸レベル
当たり前の世界になった時

 

次なる大きな壁が
利食い決済の見極めである!

 

もちろん、その前にも
エントリーポジションの判断

 

諸々とありますが

 

ずば抜けて難しいのが
決済のタイミングだ…

 

損切りと同じで
ここしかないと判断できる

 

きちんとした明確なラインを
決めてしまえば全く問題ないのだが

 

その領域までいくのに
僕は物凄く時間を要した…

 

今でも、もっと質を上げる為に
模索しながら考え実践している。

 

シナリオ構成して想定通り

 

良いポジションでエントリーできて
利益がしっかりと乗ってきた

 

後はどこで納得のいく
決済をするのか…

 

利益が乗ってくると
必然とロマンが拡大し

 

欲望に襲われる最大の局面である!

 

襲われてしまっては
全く意味がない…

 

だからこそ

 

きちんとお金の欲望を
自分の中で断ち切れるように

 

決済の概念を定義する必要がある!

 

全て得ることは不可能だ
優劣をつけて捨てる覚悟を持て!

 

これが僕の決済概念

 

そして、優劣をつけて

 

これが何よりも重要だ

 

つまり、どの順番でどうなったら
決済をするべきなのか

 

この基準を自分の納得する
領域まで落とし込む必要がある。

 

それができると

 

迷いなく呼吸レベルで決済ができる

 

では…

 

シナリオ構成でも
一番難しい利食いのタイミング!

 

損切りは過去のチャートを見て
節目で決めれば全く問題ない

 

誰が見ても
このラインであろうと言うのが

 

ハッキリと見えるラインだ。

 

後は、どの損切りレベルにするかだけである…

 

しかし

 

利食い決済になると
チャートが描いていく中で

 

ここしかないと決断する必要がある。

 

後で振り返れば
なんてことはないのだが

 

そんなポジショントークは誰でもできる。

 

だから、決済は完全に
未来相場であり

 

究極的にどこまでいくのかは
神のみぞ知る領域だと諦める!

 

それを前提として

 

過去のチャートを分析しながら導き
ルールを確立する必要がある。

 

その時に、未来の相場に全く期待しない

 

この概念があるだけで
冷静に相場を捉えて向き合える。

 

この領域が当たり前になると
決済に迷いがなくなる

 

後は、どのラインかを導くだけ

 

エントリーをする前にリミットを設定するが
基本的に決まりは全くない

 

本人の自由であり自分次第である。

 

利食いの基本は節目を狙う
損切りと概念は同じだ。

 

ただ、そう簡単にいかないから
利食いの決済は難しい…

 

相場の本質は心理の束であり人間である

 

大衆の動きはある程度決まってくるが
思いもよらぬ行動も当然ながらある。

 

つまり、その時に想定したシナリオと違った場合は

 

損をしていようと迷わず決済
利が少なくても迷わず決済
建値でも迷わず決済

 

必ず諦める勇気が必要だ!

 

何故なら、自分の想定した
シナリオ構成ではないから

 

完全に自分の領域を超えている状態

 

その領域はギャンブルに値する。

 

だから、変な意地・プライドを捨て

 

一度ポジションを手仕舞い
自分の実力を受け入れる。

 

そして、ここからが大切だ!

 

その後の相場としっかりと
向き合いどういったシナリオになったのか

 

分析してサンプルとして
脳にストックし

 

瞬時に反応できるレベルまでもっていく

 

その為には何度も実践し反復しながらになる。

 

これしかない

 

これが現実である!

 

どんなスポーツでも
いきなり上級者になれる人は

 

この世に存在しない

 

自分を信じて向き合い考えながら
地味な練習を淡々とこなす

 

その結果でしかない…

 

FXが本当に好きで

 

本気で取り組めば
誰でもある程度のラインまでは

 

必ず到達できる!

 

後はどこまで登れるか…
これはセンスが絡んでくる

 

これは仕方ない現実で
受け入れるしかありません…

 

だから、同じ練習をしても差ができる。

 

練習方法は人それぞれであるが

 

普遍的な前提として
誰よりも自分を信じて自分と向き合うこと

 

これが大切である…

 

やればやるだけ実力がつくし
メンタルも比例して強くなる

 

だから、自分のポテンシャルを信じて
全力を尽くし頑張るしかない。

 

つまり

 

決済タイミングなどを含んだ
トレードスタイルは

 

自分を信じて自分と向き合った結果である!

 

利益ばかりにフォーカスしていては
質のよい決済・トレードスタイルを

 

確立することは到底不可能であり
必ずブレブレになる!

 

だから…

 

厳しい世界で結果を出すには
と、考えた時に

 

自分を信じて自分と向き合うことは
必ず必要で大切なスキルになる!

 

そして、自分のルールで勝負した時
戦えるフィールドに対して感謝しながら

 

 

必ず金メダルが取れるように
徹底して質を極限まで磨き上げる!

 

そうすれば

 

必ず金メダルは取れる

 


ボルト出典:headlines.yahoo.co.jp

 

それでは…

 

もっと突っ込んで
決済について考えてみる!

 

まず

 

相場の原理原則

 

相場は段階的に進む

 

サンプルチャート読み解くと

 

 

一度大きく下げて
反発調整が入る可能性が出てきた

 

底値を切り上げて水平線を狙って
段階的に進んでいくのではないか…

 

つまり、相場が段階的に進む
ラインはどこであるのか

 

それに対してどの段階まで
動いてくる可能性があるのか

 

決済のポジションを考える時
必ず必要になる概念

 

なんとなくこの辺りでは
全く話にならない

 

相場の本質は
心理の束で人間であるから

 

何かを目標にして生きている!

 

目標がなくても
動いている人が多い方向が安心できる

 

だからとりあえず着いていくのが
人間心理である。

 

そう考えた時、
基本のターゲットは水平線だが

 

移動平均線
チャンネルの上限・下限
一目均衡表の雲の下限・上限

 

様々な視点から
どこをターゲットにしているのか

 

常に意識して見極めるのが
決済の大前提になる。

 

その時の心境としては

 

今はこのラインに向かって動いている、でも相場は行き過ぎるのが普通だから、このラインまでくることも考えられるな、しかし、欲を出してはダメだから決済はターゲット手前だな。そして、合わせて予想外のターゲットも意識して準備しよう、それだけで慌てることなく、そうか、そうか、そうきたか~と冷静に対処できるから…

 

動画をご覧ください。

 

 

では、決済の質をより極めていく

 

トレードのスタイルは

 

スイング
デイトレ(スキャル)

 

このどちらかで
時間軸が長いか短いか

 

その違いだけだから
基本的に決済概念を

 

使い分ける必要はない。

 

その中で

 

時間軸の短い
デイトレードは緊張感があり

 

現状の相場を受け入れて
早い決断力が必要になる。

 

サンプルチャートを見て頂きたい

 

 

これは基本的な概念

 

過去のチャートを見て

 

レンジ相場
ラインで導かれる節目

 

になっているところを意識した
決済方法になる!

 

もう少しサンプルを見て
腑に落としていく

 

 

これは時間軸で決済した相場で
想定外の動きになったケース

 

 

3回の決済

 

赤丸がエントリー
青四角が決済

 

1回目は水平線ブレイクでエントリーし過去の相場から導かれた水平線サポ付近で決済

2回目は水平線を更にブレイクしたのでエントリーしチャンネル下限付近なので決済

3回目は水平線をまたブレイクしたのでエントリーし粘ったが強い陽線を出したので早めの決済

 

 

ラインブレイクでエントリーし
大きく下げたところで決済

 

 

決済は2回

 

赤丸がエントリー
青四角が決済

 

1回目はフラッグをブレイクしたのでエントリーし直近最安値付近で決済

2回目はダブル・ボトム完成しブレイクでエントリーし陰線の上ヒゲを確認し決済

 

こんな感じですが
何となく理解できましたでしょうか?

 

全て節目を意識しての決済

 

その中で、レンジ・時間切れなど
想定外の動きになり決済は

 

領域を超えたケースである!

 

そして、デイトレードは
チャートが見れない状況であれば

 

基本的に手仕舞う姿勢が
リスクを考えると一番最適である!

 

色々な方法を試しましたが
結局は相場と向き合っている時が

 

決済のタイミングが一番良い!

 

しかし、個人差があるので

 

自分が納得できる方法を取るのが
何よりも大切である!

 

よりよい形で決済をする為には

 

決済を考える時
節目がどこなのかを

 

最初に考えていきながら

 

どれだけシンプルな
シナリオ構成になるか!

 

理想のシナリオ
負けるシナリオ

 

そして、ここしかないと
判断できるポジションで勝負して

 

様子を見る中で
想定外のシナリオ構成

 

つまり、己の領域を超えてしまったら

 

問答無用で決済!

 

残念ながら我々は凡人で
完全無欠の神ではない!

 

だから

 

歴史から得られるサンプルからでしか
未来を想定することはできない

 

過去から導かれた節目を
まずは意識して

 

後は、レンジになったから決済するとか
自分なりの納得できる基準を創り

 

優劣で判断するのが最も大切である!

 

そして、決済の概念は
スイングでも全く変わらない…

 

最後に理解を深めるために
動画をご覧ください。

 

 

日々の実践でしかスキルを磨けないが故に
その瞬間瞬間が大切になり無駄できない

 

だから必ず裏付けのある決済ルールが必要だ!

 

迷ったら移動平均線の決済

 

動画でも解説しましたが
トレンドのある相場で

 

決済を考えた時

 

最も効果を発揮するのが
移動平均線である!

 

移動平均線の基本的な概念は

 

トレンドの優位性を一瞬で判断できる
超重要なテクニカル指標で

 

»こちらで詳しく解説

 

しかし!!

 

トレンドだけで終わらせるのは
非常に勿体無い

 

非常に優れた指標である!

 

基本的な概念でも伝えたが
戦う時には無くてはならない存在

 

リーダーである
あなたを力強くサポートする

 


出典:one-piece.com

 

ロロノア・ゾロである!

 

移動平均線の真骨頂は

 

利幅を増やす時に
明確な決済判断になる!

 

誰もが悩む決済のタイミング

 

特にトレンドに乗って
利幅を増やしている相場環境

 

ロマンと恐怖の葛藤の中
どうこで決済すれば満足できるのか

 

非常に迷ってしまうのは
人間である証拠だから

 

全く心配ない

 

誰もが通る道だし避けられない
乗り越えれば全く問題ない

 

明確な基準を自分なりに創って
後は、バイアスを外して決済する。

 

これだけだ…

 

その基準として移動平均線の決済
取り入れておいて損はない

 

スイング・デイトレードでも使える手法で
時間軸が短くても長くても普遍的である。

 

では、決済のタイミングを
サンプルチャートで解説

 

まず、設定について
最強のチャート設定で案内しました。

 

僕の設定で
叩き台にして貰えたらと思っている。

 

週足、日足

200、89、21日の設定

 

8時間、4時間

特に必要ない

 

1時間以下の短い時間足

25本
 

 

使い方に踏み込んでいく

 

レンジ相場の移動平均線(SMA)は
機能しない、だから判断材料にならない

 

熱く燃え上がる戦場
トレンドのある相場になるまで

 

ゾロにはゆっくりと休憩してもらう!

 


出典:one-piece.com
 

つまり、トレンドが出た後
どこで決済するか迷った場合に

 

最も頼りになる男だ!

 

利益が乗ったトレンド相場で
決済に迷ったら移動平均線

 

ゾロの出番になる…仲間を信じて
バシッと決めてもらおう!!

 


出典:one-piece.com

 

エントリーしてトレンドが出たら
SMAを軸にトレンドを追っかける

 

そして、トレンドと逆に
SMAをブレイクしたら決済!

 

非常にシンプルで迷いのない決済!

 

スイングであれば
日足の21日線が判断基準だだ

 

デイトレの場合
15、10、5分足を見て判断していく

 

どれで判断するか…
特に決まりはない

 

大切なのは我慢できても
15分足までである!

 

ブレイク直後は
トレンドが出るまでに

 

時間を要することがある!

 

もし、それが想定外であれば
問答無用で決済するべきだが

 

その時の基準としても
役に立ってくるのが15分足

 

ここに絡みついてくるようだと
よくない流れだから手仕舞う

 

そして、イメージ通り
トレンド出て利益が乗って来た時

 

リミットまで保有するか
それとも移動平均線で判断するか

 

このどちらかになる。

 

見事スムーズに想定通り
リミットまでいけば問題ない

 

相場に感謝して利食いをする。

 

そして、もう一つが
完全にトレンドが無くなるまで待つ

 

これが移動平均線の決済概念

 

その時の基準として
15、10、5分足を見て判断する!

 

短い時間軸から移動平均線を
トレンドとは逆にブレイクしてくるから

 

どの時間軸にするかだけだ。

 

つまり、どこまで我慢するのか…

 

どれだけ我慢しても
15分足までが限界がよいだろう。

 

この判断は自分で決めるしかない!

 

迷いがある時は
MAXを15分足に設定して頼る!

 

下記のサンプルは水平線ブレイクして素直に上昇してMAまで待たずに

 

リミットで決済したケース

 

 

次は、水平線ブレイクで安値圏内で上昇に期待ができ、更なる上昇に期待しましたが、MAをブレイクしたので決済したケース

 

 

その後、上昇していますが
ここを気にしてもっと持っていれば…

 

気持ちは理解できますが
全てが思い通りにはならない

 

これが許容できないと
相場に踊らされてブレブレになる!

 

相場に100%はないってことを
きちんと受け入れておく

 

そして、感情に左右されず
自分のルールに沿って決済する!

 

いかがでしょうか?

 

トレンドがある時は
非常に有効的な決済基準になり

 

激アツのトレンド相場で
利食いに迷った時は移動平均線!

 

お試しください…

 

決済は欲望を出すと
上手くいかない結果的に

 

必ず資産を失う…

 

だから自分が納得できる
決められたルールを確立し

 

呼吸レベルにして
当たり前のように決済することだ…

 

利益を大幅に増やす損切り

 

決済の動画でも
少しだけ触れました

 

決済の基準と
合わせて取り入れてほしいスキル

 

損切りラインをスライドさせる!

 

基本的には
トレンドのある相場でしか

 

勝負をしません!

 

その状況下で
より利益を広大させるには

 

買いまし
売りまし

 

トレンドに合わせて
ポジションを増やしていく

 

これができると
爆発的に利益が増えていく

 

ただし、リスクは取るので
最大限に押さえながらになる!

 

これだけは忘れないでほしい
利益に夢中になり

 

リスク管理が疎かになっては
本末転倒になる!

 

リスク管理は絶対だ!

 

では

 

損切りの基本は
一度設定したら変更しません。

 

ただし、トレンドが想定通りになって
上手くのってきたら

 

トレンドに合わせて
損切りラインをスライドさせていく

 

トレンド相場の王道手法がある…

 

やり方としては
特に難しいことはない

 

上手くシナリオ通りに
トレンドを上手く捉えた

 

その時に

 

損切りラインをトレンドに沿って
建値から順にスライドし損失をなくし

 

利益を確定させる!

 

もし、想定外になり
トレンドがその後に出なかったとしても

 

損はしない手法

 

トレードはどれだけ
負けないかが大事だから

 

非常に効果的で使うべき手法である。

 

 

このサンプルチャートは、
美しすぎるトレンド相場

 

全てがこのようになるとは限りませんが
イメージするとこのような感じになる。

 

で、この相場であった時
買い相場であるから

 

リスクを許容できる範囲で
買い増しをしていくといい

 

やり方としては

 

1回のエントリーが
建値のラインになったら

 

買い増しの準備

 

フラッグを形成し調整しながら
トレンドは進んでいく

 

だから、

 

フラッグをブレイクしたら
シグナルになる

 

そのタイミングで
もう1つポジションを取る

 

この繰り返しである。

 

トレンドのある相場は
頻繁にないが故に

 

トレンド相場は最大のチャンス
特に日足で判断できる時は

 

是非、取り入れて頂きたい…

 

更に理解を深める為に
動画をご覧ください。

 

 

後は、相場に合わせて
自分なりに考えて

 

スライド損切りを取り入れて
実践し質を上げていく

 

これしかない

 

できる限り損失を少なくする
スライド損切りのテクニックでした。

 

ウンザリする騙しの見極め

 

極論

 

騙しの完全回避は
神でない限り不可能

 

しかし

 

そんなことを真に受けて諦めては
極限まで極めることができない!

 

それを踏まえてどうするべきか
を考える必要がある。

 

どんな強敵であれ
スキは必ず存在するからだ!

 

スキが見えるようになるまで
勉強や訓練を怠らない

 

物理的に突き詰めることができる領域まで…

 

全力で頑張る、これしか道はない!

 

では、本題の騙し

 

できれば回避したい
出会いたくないのが本音

 

ブレイクしたから
エントリーしたのに戻ってきて

 

逆トレンド

 

まじか~何なんだよ~

 

この感覚を一度は体験するはずだ!

 

だから、まず大事になるのは

 

騙しになる前提でトレードをする!

 

それを踏まえて
どのポジションでエントリーすれば

 

最大限騙しを回避ができるか

 

このスタンスで
テクニカル分析に入っていく

 

そして、シグナルポジションを
導き出したら

 

相対的に見て
どのポジションであるのか

 

もう一度確認する!

 

騙しを可能な限り回避するには

 

全体像の流れで伝えました

 

木を見て森を見ずでは
騙しの餌食になる

 

木の葉だけ見ては木は見えない

 

 

木だけ見ては森は見えない

 

 

森まで見て流れを掴み相対的な判断ができ
正しいものが見えてくる…

 

 

だから、必ず俯瞰して
大きなトレンドの流れには逆らわない

 

これが騙しを回避する鉄則である!

 

そして、長いものには巻かれろ
からも言えるように

 

相場を支配する大きな流れに
逆らうと騙しになる確率は大幅にUPする!

 

例えば

 

日足で水平線ブレイクで
売りシグナル発生し下落トレンド突入

 

完全に売り相場で
売り場探し

 

その状況でよりミクロに分析していくと
4時間、1時間足のチャートが

 

下落チャンネルから外れて
買いのシグナルを発生している

 

確かにシグナルは出ているが

 

優位性としては売り相場
買いでエントリーするの危険だ

 

だから、ここは安易に買いで
エントリーするのではなくて

 

トレンドの強弱として
時間軸の長いトレンドが強いから

 

日足の相場環境を優先すべきだ。

 

そうしないと
騙しになる確率が非常に高い!

 

分析を続けると

 

おそらくチャンネルを外れたのは
ただの調整であり

 

十分に下げる余地があり
調整を終えて下値を探る展開が予想できる。

 

だから、買いのシグナルは発生したけど
しばらく様子を見て売り場探しの戦略だ!

 

みたいな感じで判断していく。

 

そうすることで騙しはある程度回避できる!

 

では、理解を深める為に
動画をご覧ください。

 

 

動画で解説しましたサンプルチャート

 

サンプルチャートからも
読み取れるように

 

騙しの後は
大きくトレンドが出る可能性が高い

 

一方で

 

トレードで一番辛い往復ビンタ
騙しの騙しもありうる!

 

騙しを完全に回避する方法はないが

 

煩わしい騙しを回避するには
トレンドに沿った取引が決めてとなり

 

回避するのに最も大事な要素となる。

 

導き出したポジションが
どの位置であるのかきちんと理解し判断する!

 

これで最適な決済方法の
概念・手段・手法は以上となる。

 

後は、実践しながら
質を上げていくしかない…

 

誰よりも自分を強く信じて
今の自分ときちんと向き合うことだ

 

何故なら最も難しいのが
欲望むき出しになる決済だから…

 

その方法で戦えば
自分が金メダルが取れるルールだ

 

絶対に確立しほしい

 

それがトレードスタイルになってくる…

 

共にベストを尽くして
頑張って参りましょう!

 

もっと上手く、もっと強くなれる…

 

コメントを残す

より上を目指し強くなりたい読者さんへ

 

自分の理想を求めてトレーダーとしてFX、仮想通貨の波を乗りこなし継続して結果を残すにはトレード以外の概念も必要になる、ステージを上げ土台をより強固にし、より強くなる為の深く掘り下げたレポートやブログでは伝えることのできない仮想通貨などの情報をメルマガでお届け致します。

 

詳しい内容はこちら