FXでトレードスタイルのつくり方とコツとなる概念

 

トレードスタイル=プレースタイル

 

故に

 

トレードスタイルを構築するには
自分と向き合うことが重要になる。

 

 

本当に必要なのか?

 

確かに生きている中で
何となく自分のことは理解していると思う…

 

しかし、その領域では
厳しい世界で結果を出すのは

 

限りなく難しい…

 

より自分と向き合い
自分がどんな気質であり性格なのか

 

そして

 

肉体は?脳は?メンタルは?
何が足りない?何を補う?何が無理だ?

 

自己分析して

 

相場で自分を最大限に活かすことができる
プレースタイルを生み出す必要がある。

 

例えば

 

スポーツ界のスーパースターで
考えてみる

 

短距離のキング
ウサイン・ボルト

 

世界のホームラン王
王貞治

 

世界のヒット王
イチロー

 

スポーツ界を代表する
スーパースター

 

おそらくどのジャンルで勝負しても
高いレベルの結果は出せるはずだ

 

しかし、そのスポーツ界で
抜きん出た結果を出したいと考えた時

 

もっと言うと、自分はどのジャンルで
全てを出し切れば世界№1になれるのか

 

そして、そのジャンルの中で
どの競技、どの位置が

 

自分にとって最も優れているのか

 

自分と徹底的に向き合いながら
考えに考え抜いた結果である。

 

もちろん、自分以外にも
よき理解者、メンターからの助言はあるが

 

それでも、最後に決断するのは

 

やはり、自分自身!

 

つまり

 

あなたはFXに興味が湧き
参入することに踏み切った

 

FXもスポーツそのもの

 

世界のトレーダーと競い合う
非常に厳しい世界である。

 

安易な考えではまず無理だ

 

そう考えた時に
どのスタイルでいけば

 

結果を残すことができるのか?

 

それにはFXが好きでトレーダーとして
生きがいを感じれないと正直厳しい…

 

きっと途中で嫌になる

 

そうなると自分を追い込んで
トレーニングするのは限りなく難しいし

 

自分のトレードスタイルを
構築することはできないと断言する。

 

だからこそ

 

FXをお金だけの目的だけで
考えるのではなく

 

トレーダーとしてどうあるべきか

 

戦うフィールド(相場)に対して
敬意を表しながら戦う姿勢が必要になる。

 

金さえ増えればそれでいい
では間違いななく結果はでない

 

出たとしても一時的である。

 

きっかけとしては全く問題ないが
どこかの段階でシフトしなければならない

 

そのタイミングは自分でしか分からない…

 

自分の長い人生に
FXを組み込みたいと考えるなら

 

必要な概念になる。

 

今の自分と今まで以上に向き合って
自分の決済スタイルを確立してほしい…

 

もし…

 

ボルト、王貞治、イチローが
FXでトレーダーになったら

 

どのようなスタイルになるのか…?

 

イチロー

 

走攻守揃ったバランス型

ホームランこそ少ないが、無理に狙うことはせずヒットを量産したようにデイトレを中心としてコツコツと資産を構築するであろう、その中で、ホームランが狙えれば狙うスタイル

 

王貞治

 

一本足打法で
美しい放物線を描くホームラン

基本はホームランが狙える相場でしか勝負しないスタイル、そして、これだけのホームランを打つには見極めも尋常レベルではない、トレンドがある時だけのスイング・デイトレがメイン!結果としてスキャルになるようなレンジ相場では一切やらないスタイルであろう、取引回数は少ないが勝率は神レベルであるのは間違いない。

 

ウサイン・ボルト

 


出典:asahi.com

人類最速の男

どんなトレードスタイルになるのか一番見てみたい!稲妻のように史上最速に走るボルト、一瞬にかける思い、集中力、何よりも結果を出す実力!3大会連続で100・200mmで金メダルを取るのは超人としか言いようながない、必ず出さなければいけない最も大事な試合で全て結果を出した強靭なメンタル、肉体でトレーダーとして挑んだら…

一瞬にかける思い・集中力・結果を10年以上もキープしてきたことを統合して考えた場合、デイトレであるのは間違いない、後は時間軸を短くしてスキャルなのか、それとも月1回の1チャンスにかけるかどちらかであろう、個人的にはおそらく後者の月1回で勝率100%のスタイルではないか…勝率100%であるのがボルトの真骨頂!

 

そして…

 

王貞治、イチロー、ボルト

 

3人がトレードを1年間競い合ったら…

 

スキルはそれぞれの
特徴を活かした最高水準

 

その時イチロー、王貞治は
持ち味の力を発気して

 

莫大な利益・勝率を叩き出した!

 

特に大きなトレンドだけを狙った
王さんの勝率は90%を超えていた

 

流石のイチローも及ばなかった…

 

そんな2人とは対象的に
ボルトは大きな利益こそ出なかったが

 

勝率は100%と
信じられない結果となった…

 

オリンピック3連覇の実力を見せつけた!

 

トレードスタイルは

個性溢れるもので
全く同じにならない!

 

自分の特徴を活かした
スタイルに必ずなるはずだ!

 

そして、勝負に対して
ボルトがインタビューに答えたら

 

質問

王さん、イチローと比べて利益が少ないですけど悔しくないですか?

 

返答

確かに利益に大きな開きが出たのは残念で悔しいよ、だってお金があると選択しも増えてやりたいこともできるからね(笑)でも、俺は全く悔しくいないさ…何故なら、自分のスタイルを貫き通すことが最後までできた。王さん、イチローの莫大な利益に翻弄されて、じっくりと時間をかけて一瞬だけしか力を出せない自分のスタイルを崩して、トレードしていては、勝率100%は不可能だし、自分と向き合った時に絶対にできるトレードスタイルじゃなかった!

俺のスタイルは4年に一度のオリンピックで100mmを3連覇したのがベースになる、つまりだ、月1回のトレードしか集中して力を発揮できないわけだ。そのかわり勝率100%の自信はある!

これが、俺のトレードスタイルさ~(笑)その代わり、同じ相場で俺のトレードルール月1回の世界で勝負をしたら間違いなく金メダルを取る自信はあるぜ!!

お金を沢山稼いだ奴が金メダルってわけじゃない、俺のように利益は少ないけど、自分のルールで取引をした時に金メダルになるトレードスタイルを確立したトレーダーが揺るぎない勝者だ!

これは、王さん、イチローに訪ねても同じことを言うと思うよ…

だから、自分のスタイルで勝負したら金メダルを必ず取れる自信がある、自分だけのトレードスタイルをきちんと向き合って創ってほしい!

やってみて思ったんだが、相場の世界はどれだけ波長合わせることができるかが鍵だ。だから、とにかく相場と向き合って流れに乗ることに徹底することだね!それと合わせて、どれだけチャンスを待てるか、これも同じレベルで大切になるね!

お金は本物の実力に比例して後から必ずついてくるよ!なんちゃってじゃ結果どころか全てが中途半端!自分のできる全力で頑張らないとね。

お金のためだけに自分を追い込んで世界記録・五輪3連覇は到底不可能だよ…

自分に今があるのは支えてくれる人がいたからに過ぎない1人では限界あるし何もできやしない、金メダルはその気持に全力で応えた結果だったてこそさ、正直自分でも驚いている、やってみないとどこまで登れるかなんてわからないよ!

だから、好きなことで未知の世界は面白いってもんさ挑戦のしがいがある!

努力は裏切らない、正直トレーニングは辛いけど必ず自分に返ってくるから、今出せる自分の全力で頑張ることだ!

 

と笑いながらいつもの決めポーズ!!

 


ボルト出典:headlines.yahoo.co.jp

 

おそらくこんな感じのスタイルであろう
参考の一つにしてください…

 

トレードスタイルこの世に1つだけであり自分と向き合うことでしか構築できません。

 

以上から

 

自分のトレードスタイルを考える上で
自分と向き合うことが一番の決め手になる

 

絶対に切り離して考えることはできません。

 

では、どんな形で入っていけば良いのか
イメージを掴んで頂きたいので

 

僕のトレードスタイルを

 

1つの参考にしてください。

 

まずは、大きなアウトラインを決める

 

僕は、専業ではなく
趣味的な位置づけから考えた

 

なぜ趣味的な位置づけなのか

 

理由は簡単で
一番ストレスを感じないからだ

 

FXは自分のトレードスタイルを構築して
取り引きをしていくわけですが

 

経験を積めばシナリオを構築するのに
時間は要しません。

 

逆に短い時間で導くことができない時は
相場が複雑で取り引きできないと判断

 

つまり、構成できた時だけ勝負する!

 

毎日、何が何でも
取り引きをして稼ごうとすると

 

難しい相場でも勝負して
無駄なエントリーをして損失を出し

 

更に時間までも失う…

 

それでは、どれだけ時間があっても
どれだけ資産があっても

 

人生は豊かにならない…

 

だったら

 

自分のシナリオが美しく描ける
相場だけを相手にして

 

最も大切な資源でもある

 

時間を効率よく活かして
生産性を意識して取引した方が良い

 

そんな理由から

 

ギャンブル魂が強すぎる
僕のトレードスタイルは

 

金の欲望をコントロールし
バランスを保つ為にも

 

熱くなり過ぎない冷静でいられる
軽い趣味的な位置づけが最適である

 

と結論になったわけです…

 

今では、趣味でもなんでもなく
間合いに入ったら攻める感じだ

 

そして、アウトラインを定義すると

 

デイトレは戦場

 

毎日、資産を増やすチャンスがあるが
短期決戦だけにタイミングが重要であり

 
美しいチャートに絞って勝負する!

スイングはボーナス的な収入

 

時間軸も長くトレンドがある相場と
限定されるが大きく稼げるチャンス!

 

その中で常に意識はして
狙える準備はするがシンプルに導ける!

 

美しい相場の時だけを狙う!

 

安値圏、高値圏は絶好のチャンス!

 

こんな感じで抽象的な
ルールでもあるアウトラインから

 

自分で定義することで
間違いなく無意味な

 

損失と時間が軽減されます

 

トレードスタイルは

 

自分と対話して客観的に見て
実践することでしか導けません。

 

アウトラインができれば

 

後は、より細かなルールやロジックを

 

自分に合う最適な形で

 

こんな感じで追加して行く…

 

FXで生き残るための肝

 

FXの肝は、自分を信じて限界をつくらずに突破していくこと。不安はどこまでいってもなくならない。自分を誰よりも信じていられることが大切になる。自分を信じることができなければ間違いなく不安を引き金に相場に飲み込まれブレまくる。だから、勘違いでもなんでもいいので絶対にできると信じる。そして、欲望に踊らされないためにも相場観を徹底的に養っていくことだ。

目標を持って損失にフォーカス

 

明確な目標なしでFXをやっていないと思います、目標はただ1つFXで稼ぎ続ける真のトレーダーになること。その為には、無駄な損失を減らすことに集中し次に繋がる価値ある損失を目指す!異常すぎるほど意識しても問題はない!

ライバルを見つける

 

ライバルは自分自身、しかし、はっきりとした強い相手がほしい。その相手はヘッジファンドの天才トレーダー!!打倒ヘッジファンドと考えて真っ向勝負…では完全に返り討ちになる!相手の実力を認めてヘッジファンドの波長に合わせてその流れに乗っかるチャンスを待つ!どれだけ強敵であっても隙きは必ずある!それを見抜くにはスキルを徹底して磨くしかない。

トレードスタンス

 

デイトレ・スキャルをメインにスイングを絡めての取引。理想はイチロー選手であり、美しいチャートで僕の大好きなアンディのように美しく乗りこなせてマイケルジョーダンのような鮮やかなダンクシュートが決まる狙えるチャンスだけ時間を決めて狙う!安易でバイアスのかかった無理なエントリーはしない!条件を絞り、それにフィットした時だけ狙う。

どの時間軸が勝ちやすいのか

 

これは、どれでも同じで、どの時間軸でも同じでトレードスタイルの違いになる。早い展開を好まないのであれば1時間をメインでデイトレしてもいい、1時間でも早いと思うのであれば4時間でもいい。どの時間でもやることは同じ、短い時間軸はシグナルが多いのでチャンスに多く出会えるメリットがある。デイトレ、スキャルのエントリー判断は15分・10分・5分足を軸にトレードする!混乱するようであれば10分足を軸に攻める!一番大切なのはトレンドがある時に攻めることだ!レンジ相場は極めて難しい相場であり力を溜めている状態、開放されるチャンスを待つ…

エントリーする前ですべてが決まる

 

エントリーする時は必ずシグナル発生でエントリーするのが絶対条件、だから、その前の準備でどれだけバイアスなしに論理的に質のいいシンプルなシナリオが描けるかがとても重要になる。理想はジョーダンのような

 

美しく決められるダンクシュート!

 


出典:gettyimages
 

しかし、想定外の動きと判断出来たら行けそうな気がすると思ってもストップを待たずにどんな理由であれ損切りする!そしてダーメージを最小限に押さえるためにも

 

未来の自分にパスをして繋げる

 


出典:gettyimages

 

非常に大切である!

 

戦いは1回で終らない…
未来の自分を信じぬくことだ!

必要なテクニカル指標

 

テクニカル指標はラインを補強する大切な仲間である、三人寄れば文殊の知恵からも言えるように経験からも3人が理想的だ。それ以外あると判断に迷いが出る。

 

移動平均線は最も頼りになる仲間。そして、優位性の判断が若干鈍るので一目均衡表をプラスしている!行き先でもあるゴールを探す時にフィボナッチが助けになっている!

相場観ですべての判断が決まる

 

相場観は物凄く重要で、どれだけ質のいい経験をしたのかが全てになる。きちんと相場と向き合い考え抜くことだ。自分の相場観を信じれるように徹底的に磨くしかない。

判断力をつける

 

相場観を養い判断できる力がつくとトレードがとてもしやすくなる。今の相場はレンジだ、だからスキャル攻め。これは、トレンドが出そうだ、だからスイングとデイトレ攻め。判断力をつけてしっかりと判断できる相場で勝負する!

相場に合わせる

 

相場の本質は心理の束であり人間である、だから不確実性でこちら側で動かすことはできない、自分の想定とは違う動きをすることは当たり前と思い。想定外の時は問答無用で決済、もしくは損切りする。相場の流れを掴みどれだけシンクロさせることがとても重要になる。

だましの回避

 

すべて回避するのは不可能。しかし、相場観を養えばある程度回避できる。ポイントは自分の導きだしたシグナルは相場のどの位置でしたのか?難しい判断ではあるのは間違いないがコツとしてはトレンドの流れに逆らわないことだ!それだけで騙しに遭遇する確率は軽減される。

 

例えば、日足で売りのシグナルが出て下落トレンド、その過程で4時間、1時間足のチャートが下落チャンネルから外れて買いのシグナルを発生、ここは安易に買いでエントリーするのではなくて、日足で売りのシグナルが出たばかり、下落の余地が十分にある、おそらくただの調整で終わり下落をする確率が高い。しばらく様子を見て売り場探しの戦略を継続させよう。こんな感じで判断することである…

 

ファンダメンタルズ分析

 

これも出来るだけシンプルに考えること。毎朝、経済指標の発表時間をチェックしても意味がない。時間の無駄でしかない、僕も最初のころは片っ端から情報を集めていろいろと予想しながら取引をしていたが予想なんて出来るわけがありません。予想でエントリーしたら完全に思惑なるので結局勝てません。シグナルは相場でしかわからない…ファンダメンタルズはアナリストのポジショントークの為にある。

 

キングオブ指標の雇用統計も発表後に確認するぐらいで予想なんてどうでもいい、シグナルが最も大事である。ただ、雇用統計のように爆発的に取引が増える時は無理はしないで様子見する。そして人間の心理でもある相場は、何にかに注目していてそれが引き金になって思惑で動き出すから何がきっかけになっているのかは分かる範囲で把握しておく程度で十分だ!ファンダメンタルズはエントリーシグナルにはならないが様子を見る判断材料にはなる。負けないのが大切だ…

 

シグナルは相場の動きで必ず判断する!

反転シグナルのポイント

 

どこで、どのタイミングで反転するかのか神のみぞ知る世界である。だから、思惑でポジションを取ると損切りの嵐になり大きな損失になる。確かに相場観を養えばある程度は捉えることはできるが確率が悪い。もし狙うのであればサポ、レジラインぎりぎりを狙うのがセオリーで中途半端な位置では狙わないことが大事になる。

 

基本は、格言どおり頭と尻尾はくれてやれで、底打ち、頭打ちを確認してから、つまり、シグナルが出てから必ず攻めること!どれだけ惹きつけて待てるかが無駄な損失を出さない方法!シグナルを確認してからでも十分に取れる。しっかりと見極めてからで問題ない!欲張ってもいいことはありません!

 

見極めは水平線ブレイクが一番効果的!

 

下のユーロ円チャートを見ると下落トレンドで下値を切り上げてチャンネルの中で調整中になる勝負する局面ではない!レジスタンスをブレイクして、更に水平線をブレイクして上昇するのか?このチャートだけで判断するのであればチャンネル抜けての水平線ブレイクで買い、しかし、長い上ヒゲが直近で出現しているので狙いはスキャルになる!

 

相場は段階的に進む

 

先ほどのチャートで説明すると、もし、反発したら水平線を目標に相場は段階的に進んでいくので、次はどこをターゲットにしているか見極めておくとトレードがしやすい。

負けないトレードを目指す

 

どうやれば稼げるかを意識してトレードするのではなく、いかに負けないトレードするかが最も重要になる。何故なら無駄なエントリーが減り勝率が劇的によくなるからだ。

勝ちやすい相場、時間

 

勝ちやすい相場は、トレンドのある相場しか存在しない!超高確率で勝利を収めることができる。スイングでポジションが取れる相場は、絶好のチャンスだ!そして、時間対は欧州、アメリカなど参入する時間。なぜなら、取引量が圧倒的に多くトレンドが出る確率が高い一番の狙い目になる!

 

トレンドがある相場で取引をするかのが最も負けにくい!

ブレイク手法を極める

 

ブレイク手法が一番勝率は高い。戻り、押し目を狙う時もブレイクを狙いながらの惹きつけての戻り、押し目は自分の思うラインのぎりぎりまで待ってそのラインまできてヒゲを出して反応したら攻める、もしくはMAXの惹きつけらラインに届いたらエントリー!それ以外はブレイクオンリー!中途半端な取引が一番命取りになる!

ブレイクの癖

 

ブレイクしトレンドが出たら必ず下落であれば反発、上昇であれば反落する前提でトレードをする。そうすることで精神的に楽になる。つまり、大きなブレイクを逃しても戻り売り、押し目のチャンスがある、逃したとしても焦らない。そして、ブレイク後のトレンドは反発、反落してからが勝負で反発したラインを更新できるか、できずにレンジになったら、決済、損切りの覚悟は決めておく!

相場の先読み

 

例えば、ユーロ円、ユーロドルは相関関係であり似たような動きになることが多々ある。その特徴を上手く利用して相場を見極め先読みし、似たようなチャートでユーロドルが先にブレイクしトレンドが出たと判断できたら、ユーロ円も視野に入れてエントリーをしていく。

スキャルの決済タイミング

 

スキャルの決済タイミングは、直近でレンジになったラインなどを目安であっさりと決済する。欲は出さずに割り切ることが大切になる。タイミングが合うと数分で終わることがありますがそれで問題ない、浮かれずに相場に感謝する。

 

重要ラインなどのブレイク後は直近に何もありませんので、長い時間軸で判断し反発している水平線ラインを目安に決済。相場は過去のチャートを目安に動いていて分析すれば明らか!そこを自分なりの相場観で判断する!

 

下記のチャートは水平線ブレイク後に売りでエントリーし青の付近で決済したパターン

 

MAの決済タイミング

 

僕の中では経験からデイトレに最適なMAの設定は25本が最適でレンジ相場のMAは機能しないトレンドが出た時に有効に使う必要がある。

 

トレンドある決済はラインをブレイクしトレンドが出たらMAを軸にトレンドを見極め。そして、トレンドとは逆にMAをブレイクしたら問答無用で決済!どのMAで決済するのか、5、10、15のどれかで、トレンドが出たら目標ラインまで保有して決済か、5、10、15のどれかを逆にブレイクしたら決済!5分から順番に決済されるので、どれで決済するかは自分自身の判断になる。その辺はどこまで我慢できるのか、最悪でも15分足でブレイクするまでが限界領域!

 

トレンド相場で決済に迷ったらMAを使った判断は非常に効果的だ…

 

下記は水平線ブレイクしてMAの決済を待たずに、素直に上昇して目標達成ラインで決済

 

 

次は、水平線ブレイクで安値圏内でしたので上昇に期待ができ、更なる上昇に期待しましたが、MAをブレイクしたので決済したパターン。その後、上昇していますが気にしていてはダメ。上手く行くケースと行かないケース、すべて上手くいくわけがない。感情に左右されず、ルールどおりに取引をする必要が大切になる。ブレては絶対にダメだ!

 

裁量はシンプルが一番

 

自分にとって雑音になりそうなものはすべて排除するのが最も重要になる!

 

では、僕が叩き台として紹介している
最強のチャート設定

 

トレンドの優位性は
大きな時間軸を優先

 

現実的なトレンドは日足

 

週足のトレンドも重要ですが
非常に長い時間軸ですので

 

そのトレンドを踏まえての
日々のテクニカル分析

 

週足

これは大きなトレンドを見極め

 

設定は、MA200、89、21の3つ

一目均衡表の先行スパン1:26、先行スパン2:52、遅行スパン:26で転換線と基準線は雑音になるので表示させない。

 

日足

 

スイングポジションの判断になる時間軸

 

設定は、MA200、89、21の3つ

 

一目均衡表の転換線9、基準線26、先行スパン52で転換線と基準線雑音になるので表示させない。

 

 

8時間足、4時間足

 

テクニカル指標は何も表示させない表示させることによって雑音になり迷いが出る。ここではチャンネル確認する程度。

 

 

1時間足

 

デイトレで重要な時間軸になります。短期のチャンネル確認、サポート、レジ、などの確認。雲もトレンドがでるとレジ、サポになる。

設定は、MA25

 

一目均衡表の転換線9、基準線26、先行スパン52で転換線と基準線雑音になるので表示させない。

 

 

15、10、5分足

 

デイトレでエントリーする時間軸

MA25

 

後は、ラインと日足から1時間足までの総合判断で早めにエントリーをしかける。基本は10分・15分足軸で5分足は10分でシグナルが取りずらい時に使う。

 

 

この条件下で美しくシナリオが描けて美しいダンクシュートが決まる相場でしか勝ない!

 

シンプルが最も一番である!

トレードルール

 

デイトレ・スキャル

 

通貨は取引量の多いドル円・ユーロドル
取引回数は勝っても負けても1日1回
ダンクシュートできなければ勝負しない
必ずシグナルを確認して裏付けのある勝負

 

これを満たした相場の時だけ勝負!

 

つまり、自分でテクニカル分析し
ここで攻めれば負ける確率が低い

 

ダンクシュートが決めれる!

 


出典:gettyimages
 

この優位性で攻めないで
どこで勝負するんだ!と、思えるシグナル!

 

とにかく実践して圧倒的な自信をつけない限り

 

必ず自分のトレードスタイルが
ブレブレになる!

 

どんな相場であろうと

 

ブレては絶対に駄目だ!!

 

極端な話、確立したルールで
10連敗したとしても

 

自信のある
確かのものであれば

 

感情を殺して
淡々と繰り返し

 

美しいダンクシュートを狙う!

 


出典:gettyimages
 

自分の理想と思える
真のトレーダーを目指して

 

戦い続ける
戦い続けられるためにも

 

リスクを徹底して管理することに
最大限の力を注ぐ。

 

仲間(資産)を失っては戦えない…

 

これを教えてくれたのが

 

イチローであり

 

何よりも
高校時代に憧れた

 


出典:gettyimages
 

マイケルジョーダンから
多くのヒントを貰いました…

 

全世界の強者トレーダーと勝負できる

 

最高の舞台でもあるFX

 

1試合、1試合を大切に
無駄なく後悔なく楽しんで腕を磨く

 

そして、誰のサポートもなく
自分だけの力で自分の理想を

 

成し遂げる…

 

それは不可能だ!!

 

背負っているもの
あなたを支えてくれる人が

 

存在するからこそである!

 

はっきり言って

 

FXで生き残り続ける
物凄く難しいこと

 

まったくもって簡単ではない!

 

だからこそ
しっかりと相場と向き合って

 

安易な考えを持たないことが大切だ…
油断すると欲望に飲み込まれる…

 

資産を失うのは簡単だが
取り戻すのは物凄く時間を要する

 

信用を失うのは簡単だが
信用を得るには時間を要する

 

それと同じこと

 

簡単に楽して
そんなことできたら

 

誰でも人生バラ色だ!

 

そんな世界どこにありますか?

 

正直、ビットコインを中心に仮想通貨の異常なバブルがしばらくは続くであろう。誰でもお金が稼ぎやすくなるのはバブルであるが故のメリットだが、デメリットとして大きな勘違いを受け入れることができていないと弾けた時に皆散るし本物の稼ぐ力がないために路頭に迷う…歴史が証明しているとだ。だから、バブルであるからこそ、危険なアンテナを張り巡らせる必要がある。その辺りは、第2ステージで伝えて参ります。

 

誰でも結果が出せるバブルであろうとなかろうと

 

厳しい現実を受け入れて
全力で頑張んないといけない

 

目標を達成するには、
全力で取り組む以外に方法
はない。そこに近道はない

byマイケルジョーダン

 

一度きりの人生に
必ず悔いが残ってしまう…

 

人生は、楽しいこと、辛いこと

 

セットである!

 

もし今、苦しいのであれば
それは、あなたに与えられた壁であって

 

何がなんでも踏ん張って
乗り越えるために頑張ることだ!

 

逃げ出したら
絶対に幸せな未来は訪れない

 

永遠に…

 

だからこそ、何が何でもやるしかない!

 

FXの出会いを無駄にせず

 

共にベストを尽くして

 

自分の人生を
目一杯楽しんで参りましょう!

 

もっと上手く、もっと強くなれる…

 

コメントを残す

より上を目指し強くなりたい読者さんへ

 

自分の理想を求めてトレーダーとしてFX、仮想通貨の波を乗りこなし継続して結果を残すにはトレード以外の概念も必要になる、ステージを上げ土台をより強固にし、より強くなる為の深く掘り下げたレポートやブログでは伝えることのできない仮想通貨などの情報をメルマガでお届け致します。

 

詳しい内容はこちら